バックナンバー

介護の良い情報

新着情報

介護サービスの食事内容とは

介護に欠かせない美味しい食事

介護を快適にするために

介護サービスにおいて食事はとても大切な要素です。何歳になってもごはんは生活の楽しみの一つです。ある意味、高齢者にとっては一層楽しみと言えるかもしれません。若い人のように仕事や趣味に時間を費やすことがないからです。一日三度のごはんがなにより楽しみという人も少なくありません。介護サービスの中には栄養に特別の配慮を払った食事を提供する機関や施設もあります。もちろんバランスの取れた栄養豊かなおかずは必要です。高齢者の中には高血圧や糖尿病の人が少なくありません。塩分や糖分はふさわしい量を摂取すべきです。とは言っても、栄養にだけ気を配ったメニューは楽しみにやや欠けることもあります。ある介護サービスの施設では栄養に配慮をしながらも、おいしい食事を提供することをモットーとしています。高齢者の中には揚げ物や洋食を好む人もたくさんいます。美味しいごはんを食べることで、生活に張り合いが出て一層元気でいられます。人生の夕暮れ時においしいものをたくさん食べるのは、幸せなことであるにちがいありません。高齢者がいかに楽しく快適に過ごせるかは今後の課題の一つでもあります。もちろんお世話をする方や家族にとっても同じです。

↑PAGE TOP