トップ

マンション経営と相続税

相続税改正による影響

相続税法改正で対策が必要に

相続税と聞くと、一部の富裕層の人たちにしか関係ないものという認識を持っている人が多いでしょう。そのため、ごく普通の家庭の人は、特に相続税対策をしていないかと思います。しかし、2015年に相続税法が改正されて、基礎控除がこれまでより引き下げらました。それにより、これまで課税対象でなかった所得層の人でも、相続税と無縁ではなくなってしまったのです。

そこで、相続税対策をする必要があるわけですが、財産を現金や預金で持っている場合には、相続税対策上不利になってしまいます。持っている金額がそのまま課税対象になってしまうためです。これに対して不動産を所有している場合には、時価の半分から3分の1くらいが課税対象になるケースが多いです。そのため、財産を現金や預金で保有するよりは、不動産を持っている方が、相続税が安く済むのです。現金や預金を多く持っていて相続税の課税対象になってしまう場合でも、不動産を購入することで課税対象から外れることも多いです。

相続税対策としては持っている現金や預金で不動産を購入して、マンション経営などの不動産投資をすることが望ましいですが、不安を感じる人もいるでしょう。投資は失敗してしまうこともあります。しかし、不動産投資の利回りは、銀行預金とは比べものにならないくらい高く、株式の配当金などと比べても高めです。家賃の相場はあまり大きく変動しないことから、安定性に関しても優れていると言えるでしょう。

また、財産を現金や預金という形で持っている場合には、インフレに見舞われるとその価値が一気に下落してしまいます。これに対して不動産なら将来インフレになっても価値が下がる心配はありません。マンション経営に興味のある方はこちら。

Copyright © 相続税改正による影響. All rights reserved.