バックナンバー

介護の良い情報

リハビリも介護サービスの一環

介護サービスの内容について

介護はリハビリもおこないます

介護サービスの内容は、単純に体の不自由な人や高齢者の生活の世話をするだけではありません。健常者や一般の人と同じように自分で生活ができるようにリハビリを行うこともサービスの1つとして行われています。身障者の場合には特に日常的な生活が自分でできるようにそのカリキュラムがサービスの中に組み込まれていることが多く、介護を行うにあたりその一環として行われることが多いのです。例えば自分で歩けないと言う人の中には本来であれば歩く能力があるのに事故の後遺症等のショックで自分は歩けないと思っていることが多く、そのような状態を解消するためにリハビリは大きな効果をもたらすことがわかっています。また高齢者の中にも、何らかの要因で精神的なショックを受け、体の動きが不自由になってしまうような人も多く、そのような人に対しては精神的なケアを行いながら徐々にそのショックから立ち直るようにサポートをしていることもあります。介護と聞くと一般的には高齢者や身体障害者の三輪言う世話をすると言うことが多いものです介護サービスと聞くと一般的には高齢者や身体障害者の人は言う世話をすると言うことが多いものです。これも重要なことですが、その他にも日常生活を自分でできるようにするためのリハビリも非常に重要なものでありその他にも日常生活を自分でできるようにするためのリハビリも非常に重要なものであり、このようなすべての内容を含めてサービスを提供することが非常に重要となっています。

↑PAGE TOP